家を大事にするならフロアコーティング!評判のいい業者を見つける

作業者

劣化が防げる

空き部屋

日本の住宅の多くのフローリングが利用されています。以前の日本の住宅は畳を使用している住宅が多かったのですが、リビングや寝室でもフローリングを利用している住宅が増えてきているのです。フローリングのメリットは掃除をするのが楽な点です。畳のように小さなごみやほこりが目に詰まってしまう事もないので、掃除機で掃除をすれば非常に綺麗になります。また、液体をこぼしてしまっても、フローリングはしみ込んでしまう事はありません。ふき取るだけで済みますから、小さな子供がいる家庭などではとても便利なのです。フローリングより綺麗な状態で保つために、ぜひ利用したいのがフロアコーティングです。フロアコーティングはフローリング部分に特殊なコーティングをする事がです。フロアコーティングを行う事によって、永い間綺麗な状態を保つ事が出来ます。お手入れが簡単なフローリングではありますが、フロアコーティングをする事によってよりお手入れが簡単になるのです。また、フロアコーティングはフローリングを保護してくれます。フローリングの劣化を防ぐ事にもつながるので、費用対効果は非常に高いのです。フロアコーティングの評判は、インターネットで検索する事が出来ます。評判を参考にして、自宅にフロアコーティングを行うかどうか決めましょう、また、業者に対する評判も色々と投稿されています。フロアコーティングは業者に行ってもらう必要がありますから、それらの評判を参考にして業者を決めましょう。

いつまでも綺麗に保つ為に

フロアコーティングの種類は多くあり、耐用年数や艶の具合、何に対して強いのか等特徴が違います。費用は耐用年数だけではなく、特殊な技術が必要であったり保護性能で差がでます。フロアコーティングは広さや状態によっても価格が変わります。

フローリングの保護

フロアコーティングは、使用する塗料によって数種類あります。住居のフローリングを傷や汚れ、紫外線による変色などから保護し、耐久年数は数十年と長くメンテナンスも簡単になるため費用に見合った価値があります。

床材の寿命を長く

フロアコーティングをすることで、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。具体的には、ウレタン系の塗料を使った場合は約5年、シリコン系なら約10年、床材の劣化を抑えることができるのです。それでいてかかる費用は張り替えよりも少なく、相場は6畳間で3〜5万円ほどとなっています。